2018年のTokyo 7th シスターズ

インターネットのディストピア

 現在、世界ではGoogleによるパーソナライズとAmazonによるレコメンデーションが全面的に進行している。この状況は恐ろしい程便利であり、それがなかった時代のことを想像することが難しくなった。インターネットは、ますます世界中を飲み込み、いずれすべてのモノがインターネットに繋がることになるだろう。その時、ますます人々の傾向があらわになり、未来は予測され、リスクは最小化されていくだろう。

 しかしその予測された"未来"は、既存の知識に近い未知だけで構築される種類のものである。世界には本当にまったく予測できない側面がある。ビッグデータ?統計?そんなものはまったく無力な現象が世界にはあるということを、私たちはよく知っている。未来とは、過去を切断して跳躍することで展開されるものでもあるのだ。未来への跳躍は偶然に満ちている。偶然は他者と出会うことによりもたらされる。自分とは、そんな偶然に満ちた中でたまたま引き受けたものにより作り上げられるのである。

 

2018年7月、2034年7月 日本武道館

 あの日の武道館にはセブンスシスターズはいなかった。しかし、777☆SISTERSは確かにセブンスシスターズの反復であった。そもそも、777☆SISTERSというユニット名は、自らがセブンスシスターズの反復であるということを引き受けているように思われる。これらユニット名は、単なる連続性ではなく、個別のアイドルユニットを超えた無限の時間があるように感じさせる。この永遠の繰り返しの枠組みが、アイドル達が歌い踊る舞台なのだ。

 あの日武道館にいることができたのは偶然であった。なんせ平日開催だ。会場に向かう途中の風景は忘れられない。この場にいることができて良かったと無意識のうちに感じていた。

 OPで「Melody in the Pocket」が流れた時、信じられない一瞬に触れることができたと思った人間は僕だけではないはずだ。

 観ている人に向って演奏するのは音楽の本質ではないという意見もある。だが僕は、音楽とは、人が人に向けて発する何かであるという気持ちを捨て去ることが難しい。音楽を聴くこととは、他者を探すことである。

 

偶然と運命

 九鬼周造は、『偶然性の問題』の中で「偶然性の根源的意味は、一者としての必然性に対する他者の措定といふことである。」と述べている。情報社会の人間はインターネットという必然の世界にこもる。その人間にアイドルが音楽を届ける。現在という時間が、必然ではなく、偶然によってもたらされたことを伝えるために。そのことが意味を持つとき、人間に偶然を運命と感じさせるのである。

「この色、いいな」終了に寄せて

上田麗奈の「この色、いいな」【コラム】 | WebNewtype

 

  ロケ地を実際に訪れてみようと思い立ったのは、第4回の「神楽坂の小路を散歩&色探し」からであった。以来、コラムに出てきた場所を訪れることが習慣になっていた。以下はその抜粋である。

 

 

Photo-17-17

f:id:fox_tile:20181231130045j:image

 

Photo-26-14
f:id:fox_tile:20181231130100j:image

 

Photo-33-15
f:id:fox_tile:20181231130103j:image

 

Photo-34-8
f:id:fox_tile:20181231130038j:image

 

Photo-36-8
f:id:fox_tile:20181231130107j:image

 

Photo-39-3
f:id:fox_tile:20181231130030j:image

 

Photo-40-12
f:id:fox_tile:20181231130042j:image

 

Photo-45-6
f:id:fox_tile:20181231130056j:image

 

Photo-50-B-9
f:id:fox_tile:20181231130053j:image

 

Photo-57-12f:id:fox_tile:20181231151300j:image

 

Photo-61-1
f:id:fox_tile:20181231144401j:image

 

 

 住所の情報からある程度撮影場所に目星はつくものの、実際に行ってうろうろとさまよう時間も多かった。朝に出かけて暗くなるまでいた時もあった。撮影スポットが見つかった時は嬉しかった。もう新たなコラムは供給されず、再び出不精の日々に戻ることになる見込みが高い。

 

 撮影場所は東京都・神奈川県のみであり、関東圏の人間であれば訪れることは容易である。各々やられた写真があれば、好きな場所を訪れてみると良いと思う。特にお店の場合は、閉業する前に。

 

 上田麗奈さん、スタッフの皆様、全75回お疲れ様でした。企画を続けて頂きありがとうございました。

2018年の曲50選くらい

 アルバム30選に続いて書く。例によって、番号を付与しているが、数えるためなので順不同であり、特に順序に脈絡や意味はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50. Summer Reminds Me - 小袋成彬

 「今日はゆっくり帰ろう」という歌詞がある。そう思ったときによく聴いた。

 

 

49. It's Not Living (If it's Not With You) - THE 1975

 タイトルにもある歌詞が頭から離れない。

 

48. 薄闇の花 - cero

 

47. 哀しい予感 / リリウム - haruka nakamura

 

46. DAVID BOWIE ON THE MOON - 七尾旅人

 

45. Slow Burn - Kacey Musgraves

 何時間でも聴いていられる。

 

44. This Old House Is All I Have - Against All Logic

 

43. Monster - ALASKALASKA

 今年初めて知ったアーティストだがどの曲も良い。

 

42. Thug Tears - JPEGMAFIA

 

41. Things - Louis Cole

 

40. That's A Lifestyle - Dirty Projectors

 

39. Summer Gate - 佐藤千亜妃

 

38. Come Over - The Internet

 

37. Color of Anyhow - Beverly Glenn-Copeland

 

36. New Coupe, Who Dis? (feat. Mick Jenkins) - Smino

 

35. 花の世紀 - 曽我部恵一

 

34. Inner Blue - パソコン音楽クラブ

 

33. When the Sun Goes - Emily Yacina

 

32. MOONLIGHT - tofubeats

 

31. Old Town - Say Sue Me

 

30. No Real Friend - Jorge Elbrecht, Ariel Pink

 

29. 愛のヘブン - Chara

 

28. Assume the Worst - DRAMA

 

27. Make It Right - Ed Mount

 

26. Washing Machine Heart - Mitski

 

25. Changes (feat. JJJ) - STUTS

 

24. Parking Lot - Grouper

 

23. sands - Ghost like girlfriend

 

22. Before You Get a Boyfriend. - Phony Ppl

 

21. In The Morning - Jay Prince

 

20. It Run's Through Me - Tom Misch

 

19. KESHIKI - APOGEE

 

18. 何度でも繰り返し夢見る - ものんくる

 

17. 影の電車 - Maison book girl

 

16. Speaking Terms - Snail Mail

 

15. Make Me Feel - Janelle Monáe

 

14. Your Dog - Soccer Mommy

 

13. 銀河絵日記 - 原田知世

 

12. 時間がない - KIRINJI

 

11. Shattered Dreams - Earl Sweatshirt

 

10. Alger la blanche - Nicolas Godin

 

09. SICKO MODE - Travis Scott

 

08. イン・ザ・サン・アゲイン - サニーデイ・サービス

 

07. 夏のよう - 羊文学

 

06. Water - Ra Ra Riot

 

05. Addictions - Lucy Dacus

 

04. Sleep - Hatchie

 

03. BUDDY feat. PUNPEE - BIM

 

02. Rosebud - U.S. Girls

 

01. ストロー - aiko

ストロー

ストロー

  • provided courtesy of iTunes

 

00. あなた - 宇多田ヒカル

あなた

あなた

  • provided courtesy of iTunes

 

2018年のアルバム30選くらい

 番号を付与しているが、数えるためなので順不同であり、特に順序に脈絡や意味はない。

 本当は10選にしたかったが、決めきれないので増やした。2018/12/22 15:30時点の情報なので、年末には変わるかもしれない。

 コメントがないのも味気ないので、どんなお酒が合うかというコメントを添えている。

 年末のお供探しにどうぞ。次回予告は2018年の曲50選。

 

 

 

 

 

 

 

 

30. 『Yes Today』Freelance

open.spotify.com

 

合うお酒:ビター・カルーアミルク

 

29. 『Dirty Comptuer』Janelle Monáe

open.spotify.com

 

合うお酒:マルガリータ

 

28. 『The Optimist』Ryan Porter

open.spotify.com

 

合うお酒:アーリータイムズ

 

27. 『Stray Dogs』七尾旅人

open.spotify.com

 

合うお酒: フラーズIPA

 

26. 『Be the Cowboy』Mitski

open.spotify.com

 

合うお酒:モヒート

 

25. 『Eutopia』 STUTS

open.spotify.com

 

合うお酒:イネディット

 

24. 『Lush』Snail Mail

open.spotify.com

 

合うお酒:ジン・トニック

 

23. 『Some Rap Songs』Earl Sweatshirt

open.spotify.com

 

合うお酒:宝 焼酎ハイボール <ドライ>

 

22. 『Grid of Points』Grouper

 

合うお酒:オクトモア

 

21. 『ASTROWORLD』Travis Scott

open.spotify.com

 

合うお酒:モスコ・ミュール

 

20. 『Clean』 Soccer Mommy

open.spotify.com

 

合うお酒:ホワイトラム

 

19. 『2012 - 2017』 Against All Logic

open.spotify.com

 

合うお酒:五粮液

 

18. 『Heaven and Earth』 Kamasi Washington 

open.spotify.com

 

合うお酒:ラフロイグ

 

17. 『ルール・ブルー』 原田知世

open.spotify.com

 

合うお酒:ボンベイサファイア

 

16. 『A Brief Inquiry Into Online Relationships』 THE 1975

open.spotify.com

 

合うお酒:タリスカー

 

15. 『yume』 Maison book girl

open.spotify.com

 

合うお酒:アブソルート ウオッカ

 

14. 『STEREO』 大橋トリオ

open.spotify.com

 

合うお酒:ゴッド・ファーザー

 

13. 『Veteran』 JPEGMAFIA

open.spotify.com

 

合うお酒:スレッジハンマー

 

12. 『RELOADING CITY』 ものんくる

open.spotify.com

 

合うお酒:コロナ・エキストラ

 

11. 『Au service de la France』 Nicolas Godin

open.spotify.com

 

合うお酒:ドゥピュイ

 

10. 『Lamp Lit Prose』 Dirty Projectors

open.spotify.com

 

合うお酒:ホワイトベルグ

 

09. 『Where We Were Together』 Say Sue Me

open.spotify.com

 

合うお酒:ターコネル

 

08. 『Hive Mind』 The Internet

open.spotify.com

 

合うお酒:ソルティドッグ

 

07. 『Geography』 Tom Misch

open.spotify.com

 

合うお酒:響

 

06. 『POLY LIFE MULTI SOUL』 cero

open.spotify.com

 

合うお酒:フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット

 

05. 『分離派の夏』 小袋成彬

open.spotify.com

 

合うお酒:アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ

 

04. 『Golden Hour』Kacey Musgraves

open.spotify.com

 

合うお酒:ダイキリ

 

03. 『愛をあるだけ、すべて』 KIRINJI

open.spotify.com

 

合うお酒:ヱビス マイスター

 

02. 『Memory Lame』 Giraffes? Giraffes!

 

合うお酒:タラモアデュー

 

01. 『The Beam』 BIM

open.spotify.com

 

合うお酒:シーバスリーガル

 

 

00. 『girls,dance,staircase』牛尾憲輔

 

合うお酒:ピュリニー・モンラッシェ

 

 

XX. 『初恋』 宇多田ヒカル

 

合うお酒: ブルームーン 

 

2017年の旅行|7月 新潟 弥彦村・十日町編

続きである。

 

■2017年7月 新潟 弥彦村十日町

 車で飛ばして行った。一泊。雨が降っていた。

 

 

<弥彦神社弥彦山>

 

f:id:fox_tile:20180429221012j:plain

弥彦神社越後国の一宮である。「いやひこじんじゃ」が正式名称。

f:id:fox_tile:20180429221021j:plain

神社らしい様子

f:id:fox_tile:20180429221116j:plain

神社の奥まで歩いていくとロープウェイの駅がある

f:id:fox_tile:20180429221148j:plain

奥のなんともいえない作りのタワーがパノラマタワー

f:id:fox_tile:20180429220944j:plain

ぽつんと町の気配がある

 

 

<清津峡>

 

f:id:fox_tile:20180429221636j:plain

入り口

f:id:fox_tile:20180429223123j:plain

野生のポップ体

f:id:fox_tile:20180429221541j:plain

心をくすぐられるトンネルを歩く

f:id:fox_tile:20180429221635j:plain

トンネルを抜けると、そこは..

f:id:fox_tile:20180429221624j:plain

柱状

f:id:fox_tile:20180429221618j:plain

f:id:fox_tile:20180429221614j:plain

f:id:fox_tile:20180429221605j:plain

チュウジョウセツリ~

f:id:fox_tile:20180429221628j:plain

天候が荒れており、川の色が濁っている

 

 柱状節理とは、岩が冷却時に収縮してできると考えられている割れ目のこと。柱状節理を作っているのは玢岩という種類の岩石である。全体的に斜めに傾いているところも相まって、迫力満点で見ごたえがあった。峡谷は全長12kmであり、歩こうと思えばかなり歩けるが、雨なので控えた。

 

<星峠の棚田>

 

f:id:fox_tile:20180429221650j:plain

棚田である

f:id:fox_tile:20180429221653j:plain

水が溜まっていると反射で美しい

 

 

<美人林>

 

f:id:fox_tile:20180429221659j:plain

ブナの立ち姿が美しいことから美人林と呼ばれているらしい

f:id:fox_tile:20180429221737j:plain

確かに直線的で美しい

f:id:fox_tile:20180429221721j:plain

池で泳ぐ前の様子

 

続く

2017年の旅行|5月 札幌・弘前編

 

4ヵ月超の時を経て、約束を果たす。掲題の通り、記憶があるところでまとめた。写真が中心であるが、時々しょぼい説明を加え、最後に雑感を記している。全6編を予定している。乞うご期待。

 

■2017年5月.....札幌・弘前・青森

■2017年7月.....新潟

■2017年8月.....愛知・岐阜

■2017年9月.....犬吠埼

■2017年10月...父島 (小笠原諸島)

■補遺...............私の旅行観

 

*************************************************************

 

■2017年5月 札幌・弘前・青森

 タイミングがよく連休が確保できたので行った。

 

 

<新千歳空港>

 

f:id:fox_tile:20180103203802j:plain

新千歳空港で出迎えてくれる物体

 

 

<モエレ沼公園>

 彫刻家のイサム・ノグチが設計した公園で、1998年に開園している。場所はこちら

 

f:id:fox_tile:20180416054712j:plain

その名の通り沼がある

f:id:fox_tile:20180416035613j:plain

公園の中心部分にある山を登る

f:id:fox_tile:20180416054718j:plain

決まった時間になるとスケールのある噴水も見られる

f:id:fox_tile:20180416054844j:plain

ワッシャー

f:id:fox_tile:20180416035519j:plain

ガラスのピラミッド

 


<小樽>

 ニシン漁で栄えた港湾都市。今は観光地として有名である。

 

f:id:fox_tile:20180416054858j:plain

言わずと知れた運河

f:id:fox_tile:20180416054903j:plain

言わずと知れた運河 (1)

f:id:fox_tile:20180416054915j:plain

倉庫の中にいた熊たち

 


<円山動物園>

 札幌市によって運営されている動物園。ホッキョクグマが有名らしい。

 

f:id:fox_tile:20180416055034j:plain

入り口

f:id:fox_tile:20180416055043j:plain

カッコいい

f:id:fox_tile:20180416055053j:plain

飼育員からエサを受け取るアライグマ

 

f:id:fox_tile:20180416055120j:plain

日陰で寝るオオカミ。この日は暑かった。

f:id:fox_tile:20180416211945j:plain

暑さにやられているホッキョクグマ

 <スープカレー>

 汁気の多いカレー。ライスと別で出てくる。札幌が発祥の地らしい。とにかく美味い。

 

f:id:fox_tile:20180416054853j:plain

美味しかった

f:id:fox_tile:20180416212817j:plain

美味しかった

f:id:fox_tile:20180416055131j:plain

美味しかった


<札幌 感想>
 地図で見れば一目瞭然だが、札幌の街の区画は碁盤目のように整備されており、歩いていても迷うことはほぼない。いわゆる繁華街も、おおよそ札幌駅からすすきの駅までの直線に伸びた空間の中に納まってしまう。最も、その中でも札幌駅~大通のあたりはオフィスや庁舎があり、大通~すすきの駅のあたりは百貨店や飲食店があるという印象を受け、施設の色には差があるように感じた。

 意外だったのは、豊平川という比較的大きな川が、街の中であまり存在感がなかったことだ。逆に、創成川という、人工的に作られた直線の川が区画の軸になっているらしい。この川は、ちょうど南北に流れているわけではなく、やや西に傾いており、札幌の街区画もそれに沿ってやや西に傾いた形になっている。

 面白いことに、雪祭りで有名な大通公園は、創成川という軸と直行する形で作られている。大通公園を歩くと、沿道に施設が多く、人が多く集まる、街の広場のような役割を果たしていることが分かる。グリッドの区画は中心がどこになるか分かりづらいが、札幌の場合は大通公園が明確な中心・都心であると示されており、非常に存在感があった。

 

<弘前>

 弘前藩の城下町。りんごで有名な青森の中でも、りんごの生産量が多い。『ふらいんぐうぃっち』の舞台として僕の中で有名。

 

f:id:fox_tile:20180416223559j:plain

りんごアピールである

f:id:fox_tile:20180416223603j:plain

駅で配られている地図

f:id:fox_tile:20180416223629j:plain

弘前市の西方にある火山、岩木山 (標高1,625m) 。手前はりんご農園と思われる。

f:id:fox_tile:20180416223638j:plain

東屋

f:id:fox_tile:20180416224659j:plain

岩木山の麓にある岩木山神社

f:id:fox_tile:20180416223734j:plain

バス停

f:id:fox_tile:20180416223703j:plain

バス停の時刻表。高校行7:24 の便が良い。早すぎる。

f:id:fox_tile:20180416223715j:plain

シャンランランラン

f:id:fox_tile:20180416223742j:plain

農園の装備

f:id:fox_tile:20180416223758j:plain

りんご公園より臨む岩木山

f:id:fox_tile:20180416223806j:plain

力強いフォントの中央弘前駅

f:id:fox_tile:20180416223828j:plain

桜で有名な弘前公園前の堀。満開時には堀の水面が桜の花びらで埋まる。この写真はそうでもない。埋まっているのが見たい方は検索されたし。

f:id:fox_tile:20180416223901j:plain

<弘前 感想>

 駅前から、弘前城を中心とする弘前公園までの範囲が中心市街地。その中に、JR弘前駅弘南鉄道中央弘前駅弘前公園の3つの中心がある。

 弘前公園の西側はほとんど農地になっており、岩木山付近まで続いている。岩木山より西側はほぼ山地である。

 弘前公園はかなり広く、公式ページによると約492,000㎡もあるそうだ。ほぼ東京ディズニーランドと同じ大きさなので、歩いて回ろうとするとなかなか骨が折れた。

 満開の時期ではなかったものの、桜を見ることができて良かった。また満開の時期に行ってみたいと思う。人はかなり多かったが、公園自体も広いので、混雑するところにいなければ気にならないと予想する。

 移動手段はレンタサイクルを利用した。上に述べた中心市街地の内部を移動する分には自転車で十分だ。岩木山まで行くには距離もあり、また坂道が相当に多いので、車をおすすめする。僕は、5月にもかかわらず相当に暑く、また太陽がジリジリと照りつける中 (上の画像を見ればわかるが、雲一つなかった) 、起伏の激しい車で40分かかる道 (弘前駅から岩木山神社まで) を自転車で必死にこぎ続けた結果、日焼けと筋肉痛に苦しめられた。おすすめはしないが、記憶には残るのでお試しあれ。

 

<三内丸山遺跡>

 社会科で習う縄文時代の集落跡。先祖をたどればここに戻ってくるかもしれない。

 

f:id:fox_tile:20180416232152j:plain

f:id:fox_tile:20180416232542j:plain

あの有名な縄文春祭り開催中

f:id:fox_tile:20180416232145j:plain

実家

f:id:fox_tile:20180416232139j:plain

親戚の家

f:id:fox_tile:20180416232158j:plain

土器土器文芸部

f:id:fox_tile:20180416232204j:plain

こういうものに心惹かれる

f:id:fox_tile:20180416232216j:plain

このコーナーでは縄文人へのメッセージを募集しております

 

 

7月編へ続く

1年越しの『RefRain』

 【はじめに】

 2016年12月21日、上田麗奈さんのデビューミニアルバム『RefRain』が発売されました。本日は、ちょうど発売から1年が経過した日です。この記事は、この1年の間、ぼくが『RefRain』を聴き続けてきたという単なる記録を残したいと思い、書き始めています。

 

youtu.be

 

 【曲を聴いて気持ちが固まる:2016/11/05 ~ 2016/12/17】

 「海の駅」が初の解禁曲でした。ありがちなポップスがくることはなさそうだ、ということはなんとなく予想はしていたものの、凄く良さそうな仕上がりになっている、と素直に思いました。ひょっとしてとても良いアルバムが出来上がるのでは、という期待が生じました。その後も予想を良い意味で裏切る珠玉の曲が次々とラジオでオンエアされ、「あなたの好きなメロディ」を聴く頃には、絶対にこのアルバムを聴かなければならない、という思いが募っていました。

 

youtu.be

 

 【再生1回目:2016/12/20】

 労働を早く切り上げ、浮遊したような気持ちで秋葉原へ向かいました。この日はCDのフラゲ日ということもあり、アニメイトがとても混んでいたことを鮮明に覚えています。その後、『RefRain』を買って帰ったはいいものの、外をほっつきまわり、走り、帰って掃除をしてみたりと、尋常ではなく落ち着きませんでした。たかがミニアルバムを聴くということだけでここまで迂回しなければならないのか、と自分でも呆れました。聴き始めたのは日付が変わる前、そろそろ寝静まる時間だというのにスピーカーで、ソファに座りながらでした。聴き終えた最初の印象は、自分と非常に隔絶しているところで繰り広げられているような、けれども対話的でもあるような、そんな世界のアルバムであり、とにかく魅了された、ということしか覚えていません。この先、何度聴くことになるんだろう、とも思いました。まさかあっさり100回を超えるとは..。

 

 【再生6回目:2016/12/21】

 『RefRain』を聴きながらランニングをしてみました。「あなたの好きなメロディ」でちょうど自宅付近の街路に戻ってこられるようにコースを組み、大団円感が出るようにしたことを覚えています。アルバムは計30分弱なので、そこそこの距離が走れます。ぼくはこれを気に入って「RefRan」と名付けました。

 

 【再生10回目:2016/12/21】

 徐々に生活の中に『RefRain』が馴染んできました。曲は全て、アルバム発売前、「Radio RefRain Letter of "R"」という宣伝番組の中で聴いていたのですが、やはり摂取量が多くなるとだんだん曲ごとの特徴がはっきりしてきます。この時のお気に入りは「ワタシ*ドリ」でした。

 

 【再生42回目:2016/12/31】

 今年はこれで締めくくる以外にない、と思い、帰省先の部屋で一人『RefRain』を聴きながら年を越しました。この時から、再生した回数をちゃんと記録しておこうと思うようになりました。幸いなことに『RefRain』の評判はとても良いように見受けられ、Twitterでの感想を見ながら嬉しいと感じていました。

 

 【再生100回目:2017/01/10】

 正月にあまりに聴きすぎた結果、あまりにも早く再生回数が100回に到達していました。

 

 【再生121回目:2017/01/17】

 この日は上田麗奈さんの23回目の誕生日でした。とはいえ、特にぼくに何かできることはないので、ひたすら23kmを走ることしかできませんでした。

 

 【再生149回目:2017/02/03】

 さすがに聴きすぎだろう、と思い始めました。他のことについて考えている間も、ひょこっと『RefRain』の曲たちが顔を出し、ふとこちらが顔を向けるとまたすーっと消えていくような、そんな日々になっていたので、困ったなぁという感じでした。ぼくだけそんな感じなのも癪なので、なるべく多くの人を巻き込もうと、Twitterでしきりに『RefRain』を聴いてほしいと言い始めたのもこの時期からだった気がします。

 

 【再生202回目:2017/03/06】

 徐々に「マニエールに夢を」が好きになってきた時期です。アルバム発売前は、「海の駅」がリード曲である、ということが各種媒体で述べられていましたが、実はこの曲こそがアルバムを陰で指揮している、隠れリード曲なのではないか、と思うようになりました。以来、一貫してぼくは『RefRain』の中でどれを一番最初に聴くべきかといえば (そんな問いを投げかけられたことは一度もありませんが) 、「マニエールに夢を」ではないか、と思っています。

 

 【再生279回目:2017/05/12】

 だんだんと『RefRain』発売の衝撃 (?) も和らぎ、奇天烈な人を除いてあまりアルバムのことを話題に上げることはなくなってきた為、そろそろ自分でもこのアルバムを聴いて感じたことをまとめておかなくては、と思うようになりました。2017年の私的な目標として "ブログを継続的に書く" ということがあり、最初の投稿は『RefRain』のことになるだろうな、と思ってはいたものの、いざ書き出すと全くまとまらず、さらっと自分の言葉を書ける人を羨ましく感じました。

 

 【再生308回目:2017/06/16】

  「車庫の少女」が車庫から飛び出していました。今度はどんな曲が出来上がるんだろう、という楽しみが溢れてきた告知でした。同時に、これは早く『RefRain』のことをまとめないと収拾がつかなくなる、と焦り始めました。この日、『RefRain』を聴きながら、6/21に急遽休みを取り、集中してアルバムの感想をまとめようと決心しました。

 

 【再生313回目:2017/06/21】

 初めて歌詞カードを読みながら『RefRain』を聴き、その後人生で初めてブログを書き、『RefRain』について思っていることをまとめました。とにかく多くの人に聴いてほしい、そのためには何かしら情熱がこもった文章じゃないとダメだ、と思って書きましたが、初めて見る人にとってはなんじゃこりゃな文章になっており、大失敗という他はありません。下書きが残っているので読み返すと、量がとんでもないことになっているので、大鉈を振るって切り詰めに切り詰め、苦しみながら書いたことを思い出しました。作詞をするのもこんな感じなのかな、と大それたことも思っていました。

 

 【再生314回目:2017/07/01】

 ブログをまとめたことで心神喪失し、丁度いい機会なので一度時間を置いて改めて聴こうと考え、1週間と少し経ってから改めて聴いたという、とても印象に残っている日です。「海の駅」が思った以上にしみ込んできて、ちょっと別のステージに移行したかな、という感覚になりました。

 

 【再生390回目:2017/09/23】

 ちょうど1年前に『RefRain』の発売が告知された日でした。発売告知 (?) の3つの動画「Letter of "R"」を改めて視聴し、胸がいっぱいになりました。

 

youtu.be

 

 【再生400回目:2017/10/08】

 この節目で、再生回数が365を越えていることに気がつきました。まさか、1日1回以上聴いていることになるとは..。発売前には夢にも思わなかったことです。やや近づきがたかった「毒の手」も、この時はすっかり仲良しの曲になっていました。

 

 【再生425回目:2017/11/08】

 「マニエールに夢を」は、1曲目に収録されているのでどうしても再生回数が多くなり、この時にぼくのiTunesで歴代再生回数1位と曲となりました。恐ろしいことに、そこまで聴いておきながら、この曲の奥にはまだまだ色々なことがありそうで、全く飽きてくることはありません。

 

 【再生447回目:2017/12/21】

 今、このブログを書いているとき、『RefRain』を聴いています。アルバム発売1周年、本当におめでとうございます。気の赴くまま、歩き続けて下さい。